かんしゃ通信 16年01月号

2016年01月10日(日)

こんにちは。去年から、司馬遼太郎の太閤記を読んでいます。

いままで、小説を読むことが少なかったのですが、歴史から学ぶことは、非常に多いので、読み始めました。

 そして、以前、私が慕っている先輩経営者Nさんから、大河ドラマ「徳川三代葵」は面白いからと勧められていたので、お正月に2枚DVDを借りて、見始めました。

 太閤記は、豊臣秀吉の生涯が書かれていて、徳川三代葵は、豊臣秀吉没後の関ヶ原の戦いから始まっています。偶然にもちょうどつながっていて、違和感なく大河ドラマを見始めることができました。

 今まで、大河ドラマはほとんど見たことがなかったのですが、今年から始まる「真田丸」を楽しみにしている町田の税理士関口義宏です。

 では、今月の「かんしゃ通信」スタートです。

お正月

今年の年末年始は、いかがでしたか?私は、いつもと変わらず、遠出はせずに、家でのんびり過ごしました。

年末は、毎年恒例のボクシングをテレビで観戦して、井上尚弥と内山高志は、特別強いなぁと思いました。

唯一違っていたのが、元旦の朝です。毎年、6時過ぎごろ起きて、家で初日の出を見るのですが、今年は、平塚で見ました。

おととしから、顧問先のS社長のお誘いで、倫理法人会に入会しておりました。倫理法人会では、毎週1回モーニングセミナーがあり、私の入会している平塚では、毎週金曜日の朝6時から行われます。入会当初は、行ったり行かなかったり出席率は50%程度だったと思います。しかし、昨年の5月から毎週参加し始めました。

昨年の12月25日が、金曜日でした。その時ばかりは、朝、プレゼントを受け取った時の子供たちの笑顔が見たくて、モーニングセミナーにはいかなかったのですが、約半年間は、毎週通っていました。

今年の1月1日は、金曜日。

「参加しようかどうしようか」とちょっと考えましたが、1月1日にモーニングセミナーがあるなんて言う機会はあまりないと思うので、せっかくだから行ってみようと決意しました。

 大みそかは、例年、テレビを見ながら夜2時ごろまで起きていましたが、年越しそばを食べて、夜12時30分には、就寝。朝、4時過ぎに起きて、平塚に向かいました。

 お正月の初日の出渋滞があるかなぁと心配していたのですが、そんなこともなく、いつも通り到着しました。

 普段のモーニングセミナーの参加者は、35人前後です。お正月から人が集まるのかと、興味津々で会場に行ったところ、参加者は50人超。普段よりも、多かったのに、ちょっと驚き、「倫理法人会に入っている人は、特殊な人が多いんだなぁ」と改めて実感しました。

モーニングセミナーが7時に終わって、すぐに帰宅。7時40分には、家につきましたが、妻も子供たちも、まだ寝ていたので、何事もなかったように、いつものお正月に戻りました。(関口)