経営強化研修「はりねずみMG」
体験して学ぶ、経営者にとって最高のセミナーです。


現在、会社の約75%が赤字です。
そして、創業5年後に15%、さらには10年後には6%しか会社が残っていない、というデータがあります。そんな中、生き残って良い成績を収めている会社はやはり経営者がよく勉強をしています。

このMG研修はゲーム盤を使い、実際に会社経営を行ないながら経理・経営を学ぶ事のできる研修です。
ゲームで疑似体験を繰り返し、さまざさな気づきや学びを得る事ができます。経営数字の理解や経営判断、そして自己の仕事の癖を知る事のできるまたとないツールです。
 
下記のお悩みやご要望が一つでもある方におススメします。
  • ・ 会社全体を数字を使ってみることができるようになりたい。
  • ・ 決算書はたくさん数字が並んでいるけど、見るべきポイントがわからない。
  • ・ 会社のお金の流れがどうなっているのか、イマイチわからない。
  • ・ 計画を立てられるようになりたい。
  • ・ 異業種の経営者との交流の場を持ちたい。

是非一度ご体験を!

MGって?
MGは昭和51年に西順一郎氏が開発したビジネスゲーム。知識だけの教育ではなく、ゲーム盤を使いながら、身体と頭を動かし、参加者一人一人が経営をして決算まで行ないます。ゲームを楽しむうちに、経営論と儲かる会計理論が自然と身体に入ってきます。井深大、本田宗一郎、ドラッカーの経営論を基本思想とし、「儲けるための経営者の数字の発明」MQ会計と、「誰でも簡単に決算ができる」マトリックス会計がゲームに組み込まれています。
 
【参加者の感想】
会社の経営がうまくいき、忙しくなってくると細かい数字に目がいかなくなり、雑な経営になってしまい、その分結果も悪くなる。利益目標を立てて細かい数値に注意しながら質の高い経営をしていくことを課題とします。
・・・と、これはまさに自分の会社で直面している問題である事気づきました。ス、スゴイ!!
H.K様 (建設業)

ゲーム自体は楽しかったが、期末の数学合わせの作業がとても大変でした。どこにお金をかけるか、いくらで売るか等、決断することが多く、やはり経営するということは本当に大変だなと感じました。
どこを改善したら良くなるかということがわからないと、マイナスがどんどん大きくなると感じたので、正確に分析できる力を自身で身に付けるか、もしくは信頼できるアドバイザーが必要だと思いました。
R.Y様 (保険業)
 
【講師紹介】
税理士としてお客様と接していく中で会計事務所の仕事が、結果の報告や数字合わせしかやっていない(できない)事に不満を抱いていました。
しかし、この研修とはじめて出会った時、「約10年間追い求めてきたものがここにある」と直感的に分かりました。
この研修は、ゲームを通じて経理と経営の基本を学ぶ事ができます。
今は一人でも多くの経営者の方々にMGを体験していただきたいと思っています。

税理士/MGインストラクター 関口 義宏
 

セミナー詳細

日時
第035回 2018年1月20日(土) 9:30~20:00
第036回 2018年4月21日(土) 9:30~20:00

  

定員
18名
場所
2018年1月20日 町田商工会議所
2018年4月21日 町田商工会議所
参加費
8,000円 ※昼食付き
持ち物
電卓(ポケコン)
シャーペン(鉛筆) ※ボールペン不可
消しゴム
参加日時 *
お名前 *
会社名
メールアドレス *
確認用メールアドレス *
住所 *
電話番号 *
FAX番号
内容を確認し
チェックしてください*