ブログ

かんしゃ通信 19年09月号

スタッフのT岩さんに誘われてボルダリングをやりました(汗)

スタッフのT岩さんに誘われてボルダリングをやりました(汗)

私の子どもたちは、毎年夏にミュージカルに出演します。土日は、ほとんど練習になるので私は、一人の時間ができます。

今年は、一人の時間を利用して、百田尚樹の「夏の騎士」を読みました。主人公は、43歳の中年男性。その中年男性の小学校の夏の思い出話がメインです。友達と近所の山に秘密基地を作ったり、明日から勉強しようと思っていて全然勉強をしなかったり、ドラクエの話が出てきたりと私が子供だった頃にやったエピソードが出てきて、「そうだったなぁ」と懐かしく思いながら読み進めました。基本的にほのぼのと話が進んでいくのですが、最後にはハラハラさせる展開があり、とてもおもしろい小説でした。私は、あっという間に読み終えました。オススメです。

では、今月の「かんしゃ通信」スタートです。

WANIMA in 札幌

6月23日、札幌芸術の森のWANIMAのライブに、今度は家族で行ってきました。今までは、チケット2枚しか取れなかったし、スタンディングエリアは、小学生は入場できないので、上の娘と2人で行っていましたが、札幌のライブは、ファミリーエリアがあり、4枚チケットが取れたので、家族で行くことにしました。

どうせ札幌に行くのだから、ちょっと余裕をもって、おいしいものを食べようと思い、2泊3日の計画を立てたものの、ライブが目的なので、宿泊代を低めにしようと、ネットで検索。札幌駅から徒歩4分の宿泊施設に予約を入れました。1カ月ぐらい前に、メールが届き、部屋が破損したので、違う部屋に移ってもらいたいとのこと。全く土地勘がないので、そのままにしていたら、中島公園という駅で、札幌から地下鉄で2つ先の駅でした。行ってみたら札幌駅の方が、交通の便が良いし、食べるところもたくさんあって、良かったなと、次回の課題も見つかりました。

 6月22日、19時30分新千歳空港に到着。夜は、ジンギスカンを食べようと思っていたのですが、札幌駅に着いたのが21時を過ぎていて、案外、お店がない。駅のそばのジンギスカン屋さんは、予約でいっぱい。子供たちの希望でステーキを食べて、宿へ向かいました。

 6月23日、ライブ当日。なんと下の子が朝から熱を出し、ぐったり気味。うちの奥さんが、体温計を買ってきて、測ってみたら38度を超えていて、ひとまず、安静の状態。

私と上の娘で、近くにあるラーメン屋さん(狼スープ)に2人でお昼を食べに行きました。お昼を食べて、宿に戻っても、熱は下がらず、とりあえず、お昼寝をさせようという事に。下の子は、ライブへ行けるのか…(関口)

もぐらたたきゲーム。なんと手動でした(笑)

もぐらたたきゲーム。なんと手動でした(笑)

M島さん、ありがとう!

ようやく、暑さも和らぎつつあり、過ごしやすい日が増えてきましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。私はこの夏、とても良い思い出を作ることができました。

 7月上旬のこと。。。。

末永「夏休み、子供をどこか連れて行ってあげたいんだけど、全然思い浮かばなーい。」

M島さん「毎年、家族で行っているんだけど、ここめちゃくちゃ楽しいよ!」

末永「え?どこどこ?」

M島さん「ホテルグリーンプラザ上越」

 という訳で行ってきました。冬はスキー場になるリゾート施設の中に、夏季限定でウォーターパークが開場します。自然の地形で作った最長150メートルのウォーターボブスレーや浮き輪に乗って激流をくだるワイルドリバーがあります。お盆の時期にも関わらず、混雑することはなく、スムーズにどのアトラクションも遊ぶことができました。

久しぶりの遠出だったこともありますが、休憩もせず、1日中遊び回っていました。(笑)

 とても良い天気だったので、熱中症になってしまっては大変と、水分補給だけはしっかり取らせました。

 夕方になり、ホテルへ戻り夕食を食べた後は夜のメインイベント。縁日が開催されます。

輪投げや射的、もぐらたたき等よくあるものから、人間クレーン(人間が宙吊りにされ、それをコントローラーで動かし、商品をゲットするゲーム)やポンプショットガン(1人がポンプを漕ぎ、1人が水鉄砲で商品を落とすゲーム)等、面白いゲームがたくさんありました。

 片っ端から全てのゲームをやり、子供たちは商品を取るために必死にチャレンジしていました。中々うまくはいかないものですが、試行錯誤しながら攻略しようという姿勢は、学ぶ体験にもなったのではないでしょうか。

 翌日、帰る途中にプラムの国というところへ寄ってきました。その名の通り、プラム狩りをするところなのですが、行ってみるとウサギやヤギに餌やりができたり、手作りの恐怖の洞窟があったり、自転車おもしろ周回コースがあったり。。。一体何屋なんだろう?と思うところでした。(笑)プラムはソルダムという品種で食べごろを見分けるにはちょっと難しかったですが、当たりを食べると、とても甘酸っぱく美味しかったです。こんな機会をくれたM島さんに感謝です。(末永)

はじめまして!

チップくん 10歳

チップくん 10歳

はじめまして、9月1日から和み税理士法人でお仕事をさせて頂く事になりました、湯澤美由紀です。よろしくお願い致します。

今日は我が家の癒し犬、チップ(トイプードル.10歳)をご紹介させていただきます。

チップは私がペットショップで一目惚れし、動物が苦手な家族の反対を押し切って強引に飼いはじめました。初めは触る事も出来なかった子供たちも、今では無くてはならない存在となり、お世話も進んでしてくれます。ただ、お散歩には何故か行ってくれないため、私の都合(夕方、家事が早々に終了した日など)に合わせてお散歩に行く日が決まります。

大好きなお散歩に、今日は行けるのかな、、、と、期待大で私の事をジッと見つめてくるチップからのプレッシャーと闘いながら、家事をこなす毎日です。(湯澤)

激辛商店街 ??

からっキー

からっキー

ようやく子供達の夏休みも終わりお昼ご飯作りから開放された今日この頃です。皆様はどのような夏をお過ごしだったでしょうか?

私はお盆を京都の実家で過ごしてきました。今年は、台風進路が重なりドキドキの帰省となりました。

実家は京都市内にあるのですが、最寄駅はお隣の京都府向日(むこう)市にあります。

最近知ったのですが、実はこの向日市、西日本で1番目、全国で3番目に小さい市だそうです。長年利用していたの全く知りませんでした…。

そんな向日市が町おこしのために始めたのが激辛グルメが自慢の激辛商店街!各店舗が工夫を凝らし激辛メニューを販売しているそうです。

(なぜか和菓子屋さんも参加しています。)

駅前には、激辛商店街のイメージキャラクター〝からっキー″の像が町おこしにひと役かっています。

いつか〝からっキー”が有名になるといいなぁ~。とひそかに応援中です。(磯野)

  • かんしゃ通信 19年09月号 はコメントを受け付けていません。
  • かんしゃ通信

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント