アーカイブ:2016年 11月

  1. 「経費を下げろ!!」は、正しいか?

    こんにちは。税理士の関口義宏です。町田市つくし野で、会計事務所を経営しています。 ほとんどの社長さんは、税理士や銀行員から「利益を上げるために、経費を下げましょう。」と言われたことがあるでしょう。

  2. 【本の紹介】やる気のスイッチ 実践セミナー 山﨑拓巳著 サンクチュアリ出版

    2010年4月15日発行。113ページ 電車通勤をしていると、いろいろな広告を目にします。とくに座席の背面の広告はよく目にはいる場所にあり、本の広告が多い様に感じます。その中で少しでもピンとくるものは読むようにしているのですが、今回のこの本もその一冊です。

  3. 決算書は、なぜ1年単位なの?

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で、会計事務所を経営しています。 会社でも、個人事業でも、日本で事業を行っている場合には、最低でも1年に一度、決算をして税務申告をする必要があります。

  4. 第028回 はりねずみMG

    こんにちは。町田と相模原でMG研修を行っている、税理士の関口です。今回は、初めての方が少なかったため、順調に進みました。19時には、皆さん決算も終わって、ゆっくり表彰式もできました。いつもは、バタバタですが…。 今回思ったことは、「1日のMGでは、あまり学びが多くないのではないか」ということです。

  5. 経営を科学する。

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 経営は、効率的に行いたいですよね。同じ100万円を儲けるならば、なるべく苦労しないようにと考えます。 では、業績アップのためにどこに手をつけるか?一度数字の面から検討してみましょう。効率的な経営の参考になると思います。

  6. かんしゃ通信 16年11月号

    ついこの前の出来事です中学3年生の娘が「笑顔って大事なことなのかな~??」と聞いてきたので、「大事だけど、どうして?」と聞いてみたら「社会の授業で先生の話がつまらないから、みんな退屈そうに聞いてたり、中にはうとうとしちゃってる人もいる中で、1人だけ笑顔で聞いている男の子がいて、その子に先生が、おまえ...

  7. 社長さんは、下げるのが好き パート3

    こんにちは。税理士の関口義宏です。町田市つくし野で、会計事務所を経営しています。社長は、基本的にはなんでも下げたがります。売上が、芳しくなければ、販売価格を下げる。利益が思うように上がらなければ、仕入単価を下げる。

  8. 第027回 はりねずみMG

    約13年前、私が税理士登録をした時に、当時税理士会の野球部の監督をやっていて、私を野球部に誘ってくれ、さらに、私の結婚式で挨拶をお願いした、税理士法人わかばの代表鈴木先生が参加してくれました。 また、7月に入社していただいたスタッフの田中さんも今回初参加でした。

  9. 【本の紹介】あれか、これか 野口真人著 ダイヤモンド社

    2016年4月21日に発行。276ページ。 「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門という副題がついているように、物の価値をファイナンスで計算するとどうなるかを説明している。

  10. 社長さんは、下げるのが好き パート2

    こんにちは。税理士の関口義宏です。町田市つくし野で、会計事務所を経営しています。 私が、今まで税理士として多くの社長さんにお会いして受けた印象は、多くの経営者は、上げるよりも下げる方が好きということです。 P(販売単価)100のものを売っている会社があるとします。