アーカイブ:2017年 4月

  1. クラウド会計の活用

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 1年ぐらい前から、知り合いの税理士さんが行ったセミナーに参加して、クラウド会計の存在は知っていました。

  2. 経営者は、何をする?

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 経営者の仕事は、事業の長期的に存続させることです。長期的な視点を持ち、将来の状況を考え事業を運営していくことが重要です。が、事業のおかれている状況によって、経営者がやらなければならない仕事は変わります。

  3. 【本の紹介】できる社員は「やり過ごす」高橋伸夫著 日経ビジネス人文庫

    2002年7月1日第1刷発行。225ページ。1996年10月に文春ネスコより刊行された「できる社員はやり過ごす」を文庫化したもの。 企業の組織論を働いている人達の意識調査をまとめた書籍。上司のすべての命令に対して、すべて対応していたら、時間がいくらあっても足りない。

  4. 日次決算

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 「日次決算」という言葉を聞いたことがありますか?「月次決算」は聞いたことがあるけど、日次決算は聞いたことないなぁという方がほとんどではないでしょうか。

  5. 専門性を高めるか?人を雇って組織化するか?

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 独立起業して、すぐは経営を安定させるために、経営者は死に物狂いで働きます。その後、うまくいって事業が軌道に乗った後に、経営者は分岐点に立たされます。