アーカイブ:2017年 6月

  1. 経費節減

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 「利益を上げるためには、無駄な経費削減しましょう」税理士や銀行マンがよく言うことです。 これ、正しいの?と疑問に思ったことはありませんか? 言葉を考えても、「無駄な経費」の定義とは何でしょう。

  2. 業種の形

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 業種には、それぞれに形があります。どの業種をやるかで、売上とそれに対する原価の割合は大体決まっています。 卸売・小売業は、売上に対する原価が80%から90%かかります。建設業や製造業は、原価が50%程度。

  3. 決算書の見方

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 経営者は、決算書をあまり細かく見ることをお勧めしません。なぜならば、決算書は、企業の外部利害関係者のために作成しているものです。具体的には、中小企業は、銀行と税務署のために作成しています。

  4. 決算書がわからないとダメなの?

     こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 決算書は、だれのために作られるのでしょうか? 決算書とは、正式には財務諸表と言われます。

  5. 【本の紹介】自分の頭で考えて動く部下の育て方 篠原信著 文響社

    2016年11月22日 第1刷発行。286ページ。会計事務所を経営しているので、優秀なスタッフに恵まれて働けたら自分はあまり働かないで、最高だなと常々思っているものの、中々そんな状況にはならない。