経営者

  1. お金持ち企業を目指す

    私達、和み税理士法人では、顧問先にお金持ち企業になってもらえるようにサポートしています。最初は、金融機関からの借入金でも構わないので、とにかく手元になるべく多くのお金をもって経営するように指導します。 経営者は、利益を意識して経営を行っている方が多いです。

  2. 中小企業の経費節減は、正しい選択か?

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。。 経費には、「仕入高」「給料」「地代家賃」「減価償却費」「広告宣伝費」など色々なものがあります。会社で独自に使っている科目もありますから、その種類は、何千・何万になります。

  3. 役員報酬をいくらにすべきか?

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 役員報酬をいくらにするか?は、経営者にとって永遠のテーマです。 役員報酬をいくらにするかは、社長がその会社で何をや実現したいかで、決めてください。

  4. ”カネ”の重要性

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 会社を経営していく上で、最も重要な要素のひとつがお金です。 会社が倒産するときは、いつでしょうか?ずっと赤字が続いたからではなく、支払期限に支払うべきお金が手元になかったときです。

  5. 税理士が行う営業活動

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 どんな事業でも、営業活動は必要です。しかし、私は営業活動が大の苦手。飛び込み営業なんて絶対にやりたくありません。飛び込み営業なんてしたくないから、税理士の資格を取ったのですから。

  6. AI(人工知能)の発達

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 AI(人工知能)が発達し、人間の仕事が奪われていくと週刊誌等に取り上げられています。

  7. ヒトの重要性

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 会社を経営していくにあたり、重要なことは、ヒト・モノ・カネと言われます。 事業経営者は、自分一人でこなせる仕事だけをしていく方もいるし、組織化して、スタッフを雇って仕事をしていく方もいます。

  8. 経営計画書の活用

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 スタッフに経営者の考え方を伝えるのに、どうやっていますか?関口会計では、経営計画書を活用しています。関口会計は、おかげさまで8年連続で増収しています。その一端を担っているのが、経営計画書です。

  9. 税務調査で、税務署員がよく見るポイント

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくし野で会計事務所を経営しています。 関口会計のお客様で調査が入る件数は、今までは、大体例年1から2件でした。しかし、今年は、なぜか多く調査があり、7件のお客様に、税務調査がありました。 そこで、税務調査が入っても、困らないポイントを紹介します。

  10. 保険を活用した税金対策?

    こんにちは。税理士の関口です。町田市つくしので会計事務所を経営しています。 決算日が近づいて、会社に利益が出ている経営者の方気をつけてください。税金を払うのを極度に嫌がると、後悔することになるかもしれません。 『将来、ご自身の退職金の準備と税金対策に、保険が良いですよ。